いつからかよく耳にするようになった銀行系カードローンとは

キャッシングを自分にあった条件で選ぶ

限度額カードローン低金利カードローン
即日融資可能カードローン無利息カードローン

銀行系と銀行キャッシング(カードローン)の違いとは

公式サイトなどでも確認可能なのですが、キャッシング業者を見ていると「銀行系キャッシング」と「銀行キャッシング」という表記を見かけることがあると思います。本当に微妙な表現の差なのですが、どのような違いがあるのでしょうか。

 

この違いを最も単純に説明するのであれば、銀行系キャッシングとは銀行が経営資金を出資している消費者金融と考えてください。
それに対して、銀行キャッシングとは、銀行自体が融資を行っていることを意味しています。小さな違いに思えるかも知れませんが、実は大きな違いで借入のしやすさや、実質年利などが異なってきます。

 

総量規制の対象になるのは

もっとも大きな違いとしてあげられるのが、総量規制の対象になるかどうかということです。どういうことかと言うと、銀行系キャッシングは、銀行が出資をしている消費者金融なので総量規制の対象になります。
一方で、銀行キャッシングは銀行が融資を行っているので総量規制の対象になりません。総量規制が導入されてから、該当する方が多くなっているため、総量規制がかからない銀行キャッシングの魅力が向上しています。

 

銀行キャッシングのメリット

銀行キャッシングにはこの他にもメリットがあります。銀行からの融資のため、消費者金融に比べ実質年率が低いということも挙げられます。
そのため、銀行キャッシングは複数のローンをまとめて支払うことに非常に有利な訳です。
このようなことを考えると、銀行系キャッシングよりも銀行キャッシングを利用した方がお得なように思えます。今まで挙げた条件だけだとそのような判断になるのですが、良い面もあればそうでない面も当然ある訳です。

 

銀行キャッシングのデメリット

当然のことながら、銀行の融資になるので一般の消費者金融よりは審査が厳しくなります。即日借入も出来ないことがあります。
手続きに関しても、より詳細な個人情報が必要になりますので、少し面倒に感じるかも知れません。
また、借入に当たり年収による制限があることもあります。
一例を挙げると、300万円以上の年収とあれば、それ以上の年収がない場合申し込みすら出来ません。このような条件をクリアして借入ができたとしても、返済が滞れば、法的処置により回収されることもあります。

 

これらのメリットでメリットを検討し、自分に合ったところから融資を受けるのが最も賢い選択だということが出来るでしょう。

審査・即日キャッシングランキング BEST3

アコム

アコム



プロミス

プロミス

プロミス



アイフル

アイフル