審査をクリアしないことにはキャッシングは不可能

キャッシングを自分にあった条件で選ぶ

限度額カードローン低金利カードローン
即日融資可能カードローン無利息カードローン

キャッシングの審査について

消費者金融や銀行から、借入を受けようとする時に必ず必要なのが借入審査です。借りる側からすると非常に面倒な審査ですが、事業者側からするととても大切なことになります。事業者は貸し倒れのリスクがあるので、貸し出しをしていいのか、慎重に審査を行います。
事業者側が、この人であれば貸し出しをしても、間違いなく返済をしてくれるだろうと判断をして初めて借入が受けられる訳です。ここでは借入審査に関する様々な情報をお伝え致します。まずは借入が難しいと思われる方の情報をご紹介致します。

 

返済能力について

借入を行おうと思うと、当然のことながら返済の可能性が高くないと行けません。つまり借りたお金を返せるだけの、お金を稼げるということが重要になります。
この判断をもとにすると、当然ながら無職の方は借入が難しくなります。
ただし、専業主婦の方はご主人が定職についていればその限りではありません。安定した収入があると判断できれば良いのですが、ご主人の収入をもとにした借入なので限度額が定められている場合があります。例えば、楽天銀行カードローンの場合、50万円程度の借入までとなっています。

 

信用度について

現在安定した収入がある方の場合も、過去10年以内にブラックリストに載ったことがある人は借入が難しくなります。ブラックリストとは、色々な意味でももちいられていますが、ここでは自己破産や任意整理を行った人のことを意味します。
自己破産、任意整理とは、破産申告をすることで借金を棒引きにしたことがある場合や、借金を減額するための法的処置をおこなったことがある場合をいいます。
このような手法をとったことがある人は、貸す側からすると返済が受けられないリスクの高い人になるので、信用情報機関にブラックリストとして登録されます。
当然ながら、キャッシングだけでなく、その他の住宅ローンなども出来なくなります。このリストからの抹消が10年のため、10年以内といくくりがあるわけです。
万が一自己破産や任意整理をした場合は、最低10年は借入は難しいと思った方が良いでしょう。報告されている事例では、それ以上経過しても難しい場合もあるようです。

 

支払いの延滞などの有無

ブラックリストに登録されていなくても、公共料金や携帯電話料金、もしくは現在既に借入している返済の滞納、延滞がある場合借入が難しくなります。
貸す側からするとお金を返さない可能性が高いと判断できることは容易に分かりますよね。信用審査とよく言いますが、お金を返してもらえない可能性が高い場合、信用が低いと判断される訳です。消費者金融は、銀行よりは基準が優しいとはいえ、さすがにこうしたことが起こる場合は借入が難しいでしょう。

 

今までのキャッシング利用回数

こうしたこととは別に、過去数ヶ月以内に複数回キャッシングの申し込みをしている人も借入が難しくなります。こうした方の申込みは、業界内でブラッックと呼ばれていることからも難しさが伝わると思います。
このような事態に陥る方の多くが、一社申込んで断られて、焦って何社も申込んだ場合に多いのだと思います。金融機関側では大抵同じような審査基準をもっているため、駄目な人はどこに行っても駄目なことが多いです。
こうした申し込み回数の限度は各業者、銀行により差があると言われています。一般的に言われているのが、一ヶ月以内に2〜3回、6ヶ月以内に3〜5回申込むとブラックと判断されるようです。万が一、ブラックに該当してしまう場合は、お急ぎでしょうが最低一ヶ月は期間をあけてから申し込みを行ってください。
ブラックを避けたいのであれば、できるだけ確実に借入を出来る業者を選んでください。

 

在籍確認について

少し趣旨が変わるのですが、当然ながら職場への在籍確認が撮れない場合は借入ができません。仮審査や本審査の時に必ずキャッシング業者や銀行から、申請した職場に在籍確認の連絡がはいります。
このときに確認がとれない場合は確実に審査から落ちます。会社の方に私用の電話が入るかもしれない。など根回しをしておくと良いでしょう。
会社への確認が心配な方もいていると思いますが、キャッシング業者と分からないように電話をかけてきますのでそのことは心配ないと思います。

審査・即日キャッシングランキング BEST3

アコム

アコム



プロミス

プロミス

プロミス



アイフル

アイフル