大きな借り入れの際に必要になる収入証明とは

キャッシングを自分にあった条件で選ぶ

限度額カードローン低金利カードローン
即日融資可能カードローン無利息カードローン

収入証明に関する説明

収入証明書というのは、その人の収入を証明出来る書類です。具体的にどういったものかというと、普通は下記のものになります。

 

  • 直近3ヶ月以内のうち、2ヶ月分以上の給料明細(写し)
  • 課税証明書(写し)
  • 源泉徴収票(写し)
  • 個人事業主であれば、確定申告書(写し)

 

これらのものがどういったものなのかも、確認のために解説しておきます。

 

直近2〜3ヶ月分の給料明細

貴方が勤務している会社から毎月渡されている給料の明細票です。「企業名」「氏名」「年月」が明記してある事が必要になります。
また最低2ヶ月分のものが必要ですが、証明書としての有効なものは直近3ヶ月以内の給料明細のみになります。賞与明細書があるのでしたら、これも提出する事で、年収額に計上してもらえます。

 

課税証明書

代表的な課税証明書といえば、住民税の証明書でしょう。そもそも住民税とは去年1年間の収入に基づいて決まりますから、当然、そこには所得金額も明記されています。ちなみにこれが公的な収入証明書になります。

 

源泉徴収票

所得確認と共に、その会社に在籍している事も確認可能な源泉徴収票。多くの場合、この源泉徴収票はキャッシングの審査に有効です。サラリーマンにとっては、馴染みの深いものですよね。

 

確定申告書

法人や個人事業主の方。または副業をされている方が、確定申告として作成する書類のことです。
キャッシングの審査の場面で、この確定申告書(写し)の提出を要求されるのは、個人事業主の方がキャッシングしたい時のケースが殆どだと思います。

 

ちなみに借り入れをしたい金額が、50万円以下であれば、収入証明書は提出しなくて良いのが普通です。ですけどケースによっては、を求められる場合もありますので、念の為に用意しておいた方が良いかも知れません。

審査・即日キャッシングランキング BEST3

アコム

アコム



プロミス

プロミス

プロミス



アイフル

アイフル