もう少し多くキャッシングしたい場合などは限度額の増額が可能

キャッシングを自分にあった条件で選ぶ

限度額カードローン低金利カードローン
即日融資可能カードローン無利息カードローン

キャッシング利用額の増額には

キャッシングコラム

キャッシングは、基本的に少額の現金融資のことをさしています。そのため、限度額はそんなに高くないのが普通で、希望金額によっては、キャッシング以外のローンを検討しなければならないケースも出てくるくらいです。

 

けれども、優良な利用者として認められると、「限度額が増えた」という通知がキャッシング業者から届くことがあります。もしくは、自分から限度額の増額を申し込んだ結果、受理されることもあります。限度額の増額は、実際にそこまでのお金を借りる予定はないにしても、自分の信用があがったということですから、喜ぶべきことです。逆にいえば、はじめはキャッシングの限度額に不満があっても、模範的な利用者として利用、返済を続けていれば、近い将来に限度額が上がるということでもあります。

 

まずはキャッシング会社から信用されること

では、限度額が増資されるくらいの信用を勝ち得るには、どのようにすればよいのでしょうか。まず返済期限を守ること、これは必須です。何か理由があったとしても、返済に遅れたことが1度でもあれば、まず可能性はないと思っていいでしょう。それから、1回に借りる金額がいつも限度額がギリギリの高額である場合も、マイナス要素になります。それでももちろん、毎回きちんと返済していれば、時間はかかるとしても、増額のチャンスはやってくるのではないかと思います。

 

要するに、ほどほどの金額を借りて、きちんと返済していく、というのがもっとも信用を得るための近道といえますが、「稀な利用」というのはどう扱われるのでしょうか。ときどきしかキャッシングしなくてよい、ということは、利用者側にとっては収入が安定していてあまりお金を借りる必要がないというプラス要素になりますが、キャッシング業者からみると状況はちょっとかわってきます。稀にしか自分のところで借りない客というのは、他の業者から借入を行っている可能性もある、とみるからです。業者であれば信用情報はすぐに照会できますが、身内や友人に借金を繰り返しているとなれば、業者にはなかなか判断がつきません。

 

しっかり期限を守って返済

当然、実際に他の業者でもキャッシングをしているとなれば、それも増額から遠ざかる原因になります。もし、どうしても限度額をこえたお金が必要であれば、今使っているキャッシング業者に、増額を申し入れてみるのもいいかもしれません。無事増額され、また正しい返済が続けられていれば、信用に傷がつかないどころか、あがる結果になります。

 

信用があがれば限度額があがる、という仕組みなわけですから、もちろん信用が下がれば、限度額を下げられてしまうこともあります。返済にたびたび遅れたり、先に触れたように、他の業者でもキャッシングをしていたり、ということは信用を下げ、限度額減額の通告を受ける要因になります。さらにキャッシング業者が嫌うことの1つに、虚偽申請があります。はじめから虚偽の申告をしていれば当然審査には通らないわけですからあまり問題になりませんが、途中で住所変更や勤め先の変更などがあった場合、そのこと自体は限度額に影響しなくても、変更の申告をキャッシング業者に怠った時点で、それが発覚するまで「虚偽」を行っていたということになり、信用度がは一気に下がる結果となります。

 

変更等は素早く対応

1度カードをつくってしまうと、ついつい先延ばしにしてしまいがちな変更届けですが、このように、融資を受ける上での信用に直接関わってくることですから、忘れずに提出しましょう。特に、いくつかのキャッシング業者を利用していて、一部の業者にしか変更通知を行っていないと、信用情報との食い違いを指摘されることがあります。

審査・即日キャッシングランキング BEST3

アコム

アコム



プロミス

プロミス

プロミス



アイフル

アイフル