大きなメリットと大きなデメリットを持つのが銀行カードローンです

キャッシングを自分にあった条件で選ぶ

限度額カードローン低金利カードローン
即日融資可能カードローン無利息カードローン

皆さんは銀行カードローンを知っていますか?目的別ローンとは異なり複雑な手続きもなく、事業資金に充てない限り使途自由、つまりフリーローンとなっており使い勝手の良いカードローンとして支持を集めています。今回は消費者金融のカードローンではなく、銀行カードローンについて紹介していきたいと思います。

 

銀行カードローンのメリット

 

消費者金融ではなく銀行カードローンをおすすめするのには幾つかのメリットがあるからです。

 

金利が低い

 

銀行カードローン最大の特徴はその金利の低さにあります。キャッシングやカードローンを利用する金融機関を選ぶ際、皆さんは何を基準にして選んでいますか?サービス性や利便性の高さ、持っているネットバンキングに対応しているか否か、近くに店舗があるかなど利用する人によって判断基準は異なると思いますが、そんな中でも誰もが気にするのは金利ではないいでしょうか?借入をするとなると金利は必ずかかってくるものです。金利がかからない借入などありません。そして金利は利息を発生させます。

 

借入残高に応じて1日ごとに発生する利息は債務者の悩みの種と言っても過言ではないでしょう。利息は返済時に併せて支払わなくてはなりません。一月に発生した利息の量が多すぎたことによって返済が遅延してしまった、なんて方も少なくないはずです。事実、発生した利息の金額に応じて一月の最低返済金額は決まります。当然利息が多ければ多いほどその月の返済は厳しいものとなりますし、少なければ返済によって生活に支障が出るようなことも避けられるでしょう。同じ期間、同じ金額の借入をしていても金利が低いと高いの違いでは結果的に支払うことになる金額も大きく変わってくるのです。ただてさえお金がないためにわざわざ借金を作ったというのにそれが原因で余計な出費が増えてしまっては本末転倒です。

 

できるだけ金利の低い金融機関を選べばそれだけ支払う金額も抑えられます。つまり、金利の低い銀行カードローンは借入を行うのに最も適していると言えるのです。銀行カードローンの金利の低さは消費者金融などと比べると圧倒的です。

 

限度額が高い

 

借入を行う上で金利が低いかどうかはとても重要です。何度も言うように結果的に支払う総額が変わってくるからです。そんな金利の低さと同じくらい重要なものがあります。それは限度額です。ここで言う限度額とは、利用者1人1人が金融機関側から認められた限度額のことではなく、各々の金融機関が定めている貸出の限度を指す限度額のことです。

 

この限度額は金融機関によって異なり最も高いところと最も低いところとでは500万円以上の差があるものと考えてください。当然、どんなに年収が高くても限度額以上の借入は不可能なため高額な借入を望んでいる人は高額な限度額を定めた金融機関を利用する必要があります。銀行カードローンは限度額の高さも特徴の1つです。

 

最も限度額が低いところでも500万円程ですが、これは最も限度額が高い消費者金融とほとんど変わりません。好条件である金利の低さ同様、銀行カードローンの限度額の高さは消費者金融と比べると圧倒的なのです。ただ、限度額が最も低い消費者金融でも300万円はあるため余程高額な借入をする人でない限り十分足りてしまうとも考えられます。しかし、最初にも言いましたが銀行カードローンはフリーローンですので複数の借金を1つにまとめるおまとめローンとして利用することも可能です。

 

おまとめローンは確実に高額な借入となるためできるだけ限度額に余裕がある方が心強いとも言えます。いずれにしても限度額が高いことで何かしらの支障が出るようなことはないため高いに越したことはないでしょう。ただ、まずは金融機関側からそれだけの限度額を認められている必要があることを忘れないでください。限度額は年収や利用態度によって決められます。遅延をしないことはもちろんですが、年収が低い人が金融機関の限度額一杯の限度額を認められることもありません。限度額は利用者の年収に相応した金額になります。

 

総量規制がかからない

 

皆さんは総量規制という法律を知っていますか?この法律は貸金業法に定められており、年収の1/3位以上の借入を規制するというものです。年収300万円の人が100万円以上の借入をすることを法律で規制しているのです。一見利用者の借入を縛っているようにも思えるこの法律ですが、これは自転車操業などに陥ってしまう原因の借入過多を抑制するために定められました。ただ、借入の自由を縛っていることに変わりありませんし、利用者がそう思うのも当然です。

 

しかしそんな総量規制ですが、銀行カードローンにはかかりません。年収の1/3以上の借入ももちろんできます。なぜかと言うと、銀行は総量規制を定めた貸金業法に則って運営を行っていないからなのです。貸金業法に則っているのは消費者金融やクレジットカード会社であり銀行は銀行法に則って運営を行っています。つまり総量規制とは全く関係ないのです。

 

銀行の安心感

 

今ではテレビを点けただけでも幾つもの消費者金融のCMを目にすると思います。一昔前に比べるとキャッシング、カードローンの利用者は格段と増えたと言われていますが、未だに不信感を抱く人は少なくないはずです。日常生活を送る中でお金を借りる以外に消費者金融と関わることは一切ありません。いざ借りるとなっても不信感を抱いてしまうことにも肯けます。しかし銀行は違います。社会人ならば誰もが銀行に口座を持っているはずです。つまり関わりがあります。銀行カードローンには消費者金融にはない安心感があるのです。

 

銀行カードローンのデメリット

 

銀行カードローンのメリットについては分かっていただけたと思いますが、利用する際にはデメリットも考慮しなくてはいけません。

 

審査基準が厳しい

 

銀行カードローン最大のデメリットがあります。それは審査基準が厳しいと言われていることです。金利の低さや限度額の高さなど優れたメリットが目立ちますが、どれも利用できなくて意味がありません。消費者金融の審査基準が甘いという訳ではありませんが、消費者金融の方が審査に通過しやすいと言われているのも事実です。パートやアルバイト、派遣職のような非正規雇用の方は銀行の審査通過はほぼ不可能と考えてください。また、例え正規雇用の方であっても大手企業勤務や公務員の方でない限り安心はできません。少しでも確実性を求めるのならば消費者金融がおすすめと言わざるを得ないでしょう。

 

銀行カードローンの利用条件

 

銀行カードローンは審査基準が厳しいと言われていますが、利用するための第一条件としては「20歳以上65歳未満」である必要があります。銀行によって異なることもありますが、20歳以上という点はどこも共通しています。また、具体的な審査内容としてはでは「毎月安定して収入を得られているか?」や「勤続年数」「住居形態・居住年数」などが重視されます。
先ほども言いましたが、消費者金融であれば非正規雇用の方であっても安定して収入を得られていれば通過の可能性がありますが、銀行カードローンはかなり厳しいです。因みに、収入がない専業主婦などの方であっても配偶者の方の年収で申し込む配偶者貸付を利用すれば通過の可能性は十分にあります。利用するためには本人確認書の提出が必要になるため、有効なものを確認しておいてください。

 

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • マイナンバーカード

外国籍の方は特別永住者証明書か在留カードが必要です。一定金額以上の借入になると収入証明書の提出を求められることもあるので注意しておいてください。

 

審査時間が長い

 

もう1つのデメリットは審査時間の長さです。銀行カードローンの審査時間の平均はおよそ1週間?2週間と言われています。それに対して消費者金融の平均は1時間?1時間30分、最短30分で審査結果を受け取ることができます。つまり申込を行った当日、またはその翌日には借入が行える即日融資にも対応しているのです。銀行によっては即日融資に対応しているカードローンを扱うところもありますが、ほとんどのところで1週間?2週間はかかると考えてください。急を要している場合にはかなり不便と言えるでしょう。

 

 

自分のニーズに合った銀行を・まとめ

今回は銀行カードローンについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?メリットもあればデメリットもあります。これはどこを利用しても同じことです。その中からより自分のニーズに合ったところを選べるかが大切なのです。どこも同じなどと適当に決めるのではなく細かな違いも考慮した上で利用する銀行を決めるようにしてください。

審査・即日キャッシングランキング BEST3

アコム

アコム



プロミス

プロミス

プロミス



アイフル

アイフル