中でもアイフルがおすすめ!?

キャッシングを自分にあった条件で選ぶ

限度額カードローン低金利カードローン
即日融資可能カードローン無利息カードローン

サラリーマンの利用が多いことからサラ金とも呼ばれる消費者金融ですが、消費者金融でキャッシングを利用する人が何もサラリーマンだけという訳ではありません。例えばパートやアルバイト、派遣社員などの非正規雇用の方でも利用したいと思っている方は多くいるはずです。しかしそもそも非正規雇用の方はキャッシングを利用することができるのでしょうか?実はできるのです。それに消費者金融は非正規雇用の方のキャッシング利用に適しているとも言えるでしょう。特におすすめなのがアイフルです。今回は非正規雇用の方のキャッシング利用にについて見ていきましょう。

 

消費者金融のメリット

 

パートやアルバイト、派遣社員などの非正規雇用の方がキャッシングを利用するとなると消費者金融に限られます。低金利の銀行を利用したい気持ちもよく分かりますが、銀行の審査基準が厳しいことはよく言われることです。正直、非正規雇用の方が審査に通過するのは非常に困難でしょう。しかし、あらゆるメリットを考慮すれば消費者金融の方が適しているとも言えなくもありません。アイフルについて説明する前にまずは消費者金融が非正規雇用の方の利用に適している主な理由、またメリットを説明していきます。

 

銀行と比べた時の審査基準

 

消費者金融が非正規雇用の方の利用に適している最大の理由は銀行の審査基準が厳しいと言われているからです。先程言ったばかりですが、銀行の審査に通過することは非常に困難だと言われています。例え正規雇用の方であってもそれは同じでしょう。大手企業勤務や公務員のような方でない限り安心はできないでしょう。悪い言い方をすれば、職種が審査結果を左右します。非正規雇用の方は非常に不利と言えるでしょう。もちろん消費者金融なら簡単に通過できるという訳ではありませんが、消費者金融で重視されるのは返済能力の有無です。毎月一定の収入を確保できていれば通過の可能性は十分にあります。最低ラインとして5、6万円は必要などとも言われていますが、毎月一定の収入を確保できていれば職種は関係ありません。ただし自営業やフリーランス、日雇いや水商売となると消費者金融でも通過が困難になってきます。一定期間安定して一定の収入を確保し続けているのならば可能性はあります。

 

担保・保証人が不要

 

借金をするとなると担保を立てたり保証人になってくれる人を探したりとそのような事を真っ先に考えてしまいますが、消費者金融のキャッシングであればそのような手間はかかりません。担保も保証人も一切立てる必要はありません。そのため担保になるような私財を持っていなくても大丈夫ですし、わざわざ誰かに保証人になってもらう必要もありません。一概に言えることではありませんが、借金をしようとしている非正規雇用の方が担保になるような私財を持っているケースは稀です。あったとしてもそれを担保にする勇気はなかなか出ませんよね?保証人に関しても、万が一の時は借金を建て替えなくてはならないため快く引き受けてくれる人もそういないはずです。非正規雇用の方の社会的な地位は決して高いとは言えません。担保や保証人が不要なだけでも非常に有難いのではないでしょうか?

 

収入証明書が不要

 

担保や保証人同様、消費者金融では収入証明書が不要なケースがほとんどです。収入証明書は準備に何かと手間を取るものです。今ではどこの消費者金融も収入証明書が不要な事を1つの売りとしています。つまり必要になるのは本人確認書のみということです。気軽に申し込めるという点では非正規雇用の方にも有難い事でしょう。ただし50万以上の借入となる収入証明書の提出を求めることもあります。有効な書類は以下の通りです。できるだけ直近のものをまとめて提出しましょう。

 

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 住民税決定通知書

 

土日祝日の利用

 

銀行を土日祝日に利用することはできません。15時以降の利用も不可能です。土日祝日に営業を行っていないのは消費者金融も同じです。しかし、全国各地に設置されている自動契約機は土日祝日も営業しています。営業時間もほとんど消費者金融が22時までとしているため日中に仕事で時間が取れない方にも安心して利用することができます。また、ネット申込を活用すれば24時間申込を行うことができるため、自動契約機と併せて利用すると非常に便利です。ローンカード発行後は併設されたATMで借入を行いましょう。

 

審査時間が短い

 

銀行が審査にどれだけの時間をかけるか知っていますか?およそ1週間?2週間と言われています。長いですよね?実際にお金が手元に渡るまでにこれだけの時間がかかってしまうのです。しかし消費者金融は違います。消費者金融の最短審査時間はわずか30分です。最短でなくてもおよそ1時間で審査結果が出ます。これが消費者金融最大の特徴とも言えます。銀行と比べればその違いは歴然です。ほとんど消費者金融が申込を行ったその日に借入ができる即日融資に対応しているため突然の出費などにも十分対応することができるのです。また、ローンカードの発行が行なえる店頭や自動契約機には同じ場所にATMも併設されているため直ぐにでも借入を行うことができます。

 

豊富な借入・返済方法

 

消費者金融はその豊富な借入・返済方法も特徴の1つです。代表的なのは銀行振り込みやATM利用などです。口座引き落としによる返済も可能ですし、ATMと言っても提携銀行やコンビニのATMなどでも借入・返済を行うことができます。また、インターネットバンキングにも対応しているため自宅いながら返済を行うことも可能です。

 

借入金の使用用途が自由

 

住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどは使用用途が決まっています。専門ローンですので当たり前のことですが、消費者金融の借入金には使用用途の規制はありません。事業資金に充てない限りは自由です。生活費に充てても、趣味に充てても、おすすめはしませんが借金の返済に充てても、はたまたギャンブルに充てても咎められることはありません。使用用途は自由です。ただし、ギャンブルに充てた借金は債務整理が効かないので注意してください。

 

アイフルの特徴

 

以上は消費者金融が適している理由、またメリットについてです。ここからはアイフルの特徴について説明していきます。

 

 

在籍確認が避けられる!?

 

アイフルは在籍確認を避けることも可能です。在籍確認とは利用者の申告した勤務先に電話を入れ実際に籍が置かれている確認するためのもので、ほとんどの消費者金融で実施しておりキャッシングを利用するとなるとほぼ避けることができません。借金をするため周囲に知られたくないと思う方も多いはずです。「在籍確認は避けたい!」そう思うのが本音でしょう。在籍確認が取れなければ審査に通過することはできません。万が一席を外していても電話を取った職場の方の受け答えから在籍の確認が取れればそれで終了ですが、パートやアルバイトなどの職場はシフト制がほとんどです。もしも自分が出勤していない時に自分のことを知らない人が在籍確認の電話を取り「そのような人はいません」と言ってしまえば、その時点審査には落ちてしまいます。そのようなリスクも考慮すると在籍確認を避けられることもあるアイフルは非常に適していると言えます。ではその方法ですが、直近2ヶ月分の収入証明書と会社の保険証を提出してください。それらの提出で在籍確認を避けることができます。しかし必ずではないことを忘れないでください。在籍確認がある場合には時間などを事前に指定しておくことをおすすめします。自分のことを知らない人が電話を取ってしまう心配もないでしょう。

 

見込み年収が認められる

 

見込み年収とは1年でこれくらいもらえるだろうという推定の年収のことです。簡単に割り出すと月給を12倍した金額が見込み年収となります。アイフルではこの見込み年収の申告が認められています。本来申込書の年収欄には昨年度の年収を記述するのですが、パートやアルバイト、派遣社員などの非正規雇用の方は頻繁に職場が変わっていることも考えられるため昨年度の年収を記述するのが困難ですよね?しかし見込み年収であれば例え勤務年数が短くても記述することができますよね?早い話、勤務して1ヶ月経っていれば見込み年収は分かります。見込み年収が認められる事は非正規雇用の方にとってかなり有難いものだと思います。

 

審査通過率が高い

 

あまり知られていませんが、アイフルの審査通過率は他社に比べても高めになっており、これは様々な人、つまり非正規雇用の方などにも積極的に貸し出していることを意味しています。また、アイフルの利用者の内45%が20代という結果も出ており、一概には言えませんがアルバイトを行っている若者が多いということを考えればこれも非正規雇用の方にも積極的に貸し出していることを意味しているのです。

 

仮診断を活用しよう!・まとめ

消費者金融が、そしてアイフルが非正規雇用の方のキャッシング利用に適している理由について分かっていただけましたか?アイフルに限らず消費者金融は利用者を職種で区分するようなことはありません。返済能力、つまり毎月一定の収入を確保できていれば通過の可能性は十分にあります。心配な方は出勤時間を増やしてみるなどできることから始めてみましょう。先程、収入証明書は不要と言いましたが提出できるのであれば提出した方が良いでしょう。また、大手消費者金融の公式サイトでは年収や生年月日などを入力するだけで仮診断を受けることができるので、申込を行う前に利用してみるのもおすすめです。

 

アイフル公式サイトへ

 

審査・即日キャッシングランキング BEST3

アコム

アコム



プロミス

プロミス

プロミス



アイフル

アイフル