銀行と消費者金融では審査時間が違う!

キャッシングを自分にあった条件で選ぶ

限度額カードローン低金利カードローン
即日融資可能カードローン無利息カードローン

「突然お金が必要になった!」社会生活を送っていればこうした場面にはよくあいます。大概の場合、口座預金から引き出せば事は治まりますが、常に余裕がある訳ではないですよね?そんな時に便利なのがキャッシングです。CMなどでもすっかりお馴染みとなったキャッシングは突然の出費にも対処でき、その利便性の高さから今日まで支持を集め続けできました。

 

しかし借金をするとなるとやはり不安です。そもそも審査のあるキャッシングを確実に利用できるという保証もどこにもありません。また、キャッシングを扱う金融機関が多過ぎて初心者にはどこで利用すれば良いのかすらいまいち分かりませんよね?そこで今回はキャッシングを利用する上で抑えておきたい幾つかのポイントについて紹介していきたいと思います。

 

利用する金融機関を選ぶ

 

キャッシングを利用するとなるとまず始めにしなければならないことがあります。利用する金融機関を選ぶことです。CMを見ていても分かる通りキャッシングを取り扱う金融機関は複数存在しています。それぞれにそれぞれの特徴があるためどこを利用しても同じなどということはありません。キャッシング初心者の方にとっては「何を基準にすれば良いのか?」選ぶのが困難に感じるかもしれませんが、選択肢が多いということはより自分のニーズに合ったところ見つけやすいということでもありますよね?自分のニーズに合ったところというのはとても大切なポイントです。自分が何を望んでいるのかを明確にして、慎重に選ぶことをおすすめします。

 

銀行の特徴

 

銀行には主に2つのメリットがあります。1つ目は銀行という安心感です。銀行は消費者金融と違い日頃から何かと利用する機会がありますよね?消費者金融はお金を借りるためだけのところですが、銀行は違います。一昔前に比べると減ったとは思いますが、消費者金融に不安を抱く人はまだ少なくはないはずです。もちろん消費者金融を否定する訳ではありません。

 

CMを流すような大手消費者金融であれば何も心配はいらないでしょう。しかし日頃から関わりのある銀行にはそれなりの安心感があるのではないでしょうか?2つ目のメリットは金利の低さです。キャッシングで借り入れたお金には必ず金利というものがかかってきます。銀行も消費者金融もそれは同じです。金利は借入残高に応じて利息というものを発生させ、債務者は毎月の返済時にこれを支払わなければなりません。キャッシングというビジネスは返済時に支払われるこの利息によって利益を生み出しているため債権者である金融機関にとっては大切な利益の源です。

 

しかし債務者からすればそうではないですよね?そもそもお金がないからこそキャッシングを利用しているのですから、余計な支出となる利息はできるだけ抑えたいというのが本音でしょう。利息を抑えるには2つの方法があります。

 

1つ目は直ぐに完済してしまう方法です。利息は1日ごと発生するため1日でも早く完済してしまえばそれだけの利息を抑えることになります。

 

2つ目の方法は金利が低い金融機関を利用する方法です。金利が低ければ1度に発生する利息の量も低くなります。そして金利の低い金融機関の代名詞が銀行なのです。銀行の金利の低さは消費者金融のそれと比べても圧倒的です。借入期間が長期化しない限り銀行でのキャッシングは確実に余計な利息の発生を抑制できます。金利の低さは銀行最大の特徴と言えるでしょう。正直この金利の低さだけで言えば、キャッシングには銀行が最も適しています。しかしメリットがあればデメリットもあるものです。それは審査基準が厳しいと言われていることです。キャッシングの審査基準が甘いということはありません。消費者金融でも収入が0の人には利用を認めません。

 

しかし消費者金融は、例え収入が少ないにせよ安定した収入源を確保できていればパートやアルバイトといった非正規雇用の人でも利用の可能性は十分にあります。利用者を職種で区分しないという点では非常に優れているでしょう。その一方銀行はと言うと、非正規雇用の人が利用するのは非常に困難と言わざるを得ません。正規雇用の人でも安心はできないでしょう。いくら金利が低くても利用できないでは意味がありません。銀行はキャッシングに適している側面と適していない側面を持っているのです。初心者の方にとっては尚更でしょう。

 

消費者金融の特徴

 

消費者金融には主に3つのメリットがあります。

 

1つ目のメリットは審査に通過しやすいと言われている点です。銀行とは真逆ですよね?先程も言いましたが、これは簡単に通過できるという意味ではありません。収入0の人が通過することは皆無です。しかし毎月安定して収入を得られていればその金額に関わらず(最低でも5、6万円は必要とも言われています)通過の可能性は十分にあります。
これが消費者金融が支持され続ける理由とも言えるでしょう。ただ、自営業やフリーランスの仕事、水商売などをしている方は長期にわたり安定して収入を得られ続けていなければなりません。ある程度の勤続年数が必要になるので注意してください。

 

2つ目のメリットは審査時間の早さです。銀行の金利の低さが消費者金融のそれと比べると圧倒的なのと同様、消費者金融の審査時間の早さは銀行のそれと比べると圧倒的です。銀行が審査におよそ1週間?2週間かけるのに対して消費者金融はおよそ1時間、最短30分で審査結果を出し、利用者はそれを受け取ることができます。つまり消費者金融は即日融資に適しているのです。もちろん即日融資が可能な銀行も幾つかあります。しかし適しているのはどちらかと言えば消費者金融と言えます。

 

その理由は3つ目のメリットにも表れています。3つ目のメリットは利用環境の豊富さです。ネットバンキングや提携銀行・コンビニATMが利用可能なのはもちろんのこと、全国各地に設置されている自動契約機を利用すれば即刻ローンカードを発行できますし、併設されたATMで直ぐにでもお金を手元に受け取ることができます。キャッシングの申込や契約ももちろん行えます。さらにネット申込も可能なため少し時間がある時にネットで申込を済ませてしまい、仕事帰りにでも自動契約機に立ち寄れば時間は大してかかりません。銀行とは違い自動契約機の営業はおよそ22時まで行っており、土日祝日も休業しません。いつでも即日融資に対応できるという点から考えると消費者金融が適しているのは歴然と言えます。

 

通過するために心掛けること

 

確実に通過できる方法などは存在しませんが、以下のことに気を付けて審査結果が不利なものにならないようにしましょう。

 

虚偽申告はアウト

 

まずは当たり前のことからですが、虚偽申告は確実に審査結果を不利なものにします。キャッシング審査の際、金融機関は信用情報機関に利用者の照会を行います。信用情報には年収から勤務先、住居形態のことなどが記録されており申込書の申告が嘘か本当かなど簡単に分かってしまいます。虚偽申告を行なう人にお金を貸したいはずがありません。絶対に避けましょう。

 

他社での借入は2件以内に

 

年収や勤続年数などと同様に審査で重視されることがあります。それはその時点での借入状況です。他社での借入件数が多ければ多いほど審査には通過しづらくなります。何故なのか、単純に考えてみてください。もし皆さんの友人がお金を借りに来た時、その方が既に複数の友人から借金をしていても素直に貸してあげることができますか?できないですよね。
何故なら返ってくるか不安だからです。既に借金を作っている人がお金に困っていない訳がありません。それと同じです。先程も言いましたが、キャッシングは返済時に支払われる利息によって利益を生み出すビジネスです。利息は疎か貸したお金すら返せるかもわからない人に安安と貸すはずがありませんよね?他社での借入が多ければ多いほど通過の可能性は乏しくなります。3件以上でアウトとはよく言われます。既に借金がある人はせめて2件以内に減らしておくことをおすすめします。

 

無闇に申込を行わない

 

キャッシングを利用するとその事が信用情報に記録されます。そのため他社での借入状況を隠しても信用情報機関に照会を行った段階で金融機関側にはそれが簡単に分かってしまいます。しかし記録されているのは利用履歴だけではありません。キャッシングの申込を行っただけでもその事が記録されてしまうのです。そして短期間に申込を繰り返している人は審査に通過することができなくなります。このことを「申込ブラック」と呼びます。何故なのか理由は簡単です。短期間にキャッシングの申込を繰り返している人がお金に余裕があると思いますか?そういった人はお金に困っている人です。
ではそんな人にお金を貸したいと思いますか?思いませんね。申込記録はおよそ半年間残り続けます。確実性を求めて一度に幾つもの金融機関に申込を行いたい気持ちも分かりますが、申込は期間を置いて行うようにしましょう。

 

年収に見合った金額を希望する

 

キャッシングの審査で最も重視されることが何か分かりますか?それは返済能力の有無です。しかし年収の大きさのことではありません。金融機関は金額の大きさよりも安定性を求めます。簡単に言うと、月々の収入の起伏は激しいがある月に100万円を稼いだ人よりも一月に20万円稼ぎ5カ月で100万円稼いだ人の方を高く評価するということです。

 

そしてここでいう返済能力とは年収と借入金額が見合っているかということです。年収に見合った金額、つまりその年収でなら返済することができるという金額でなければ借入は認められないのです。申込書に借入希望金額を記入する欄があると思いますが、欲をかかずに必要最低限の金額を記入することが大切です。

 

仮診断

 

どうしても審査が不安だという人には大手消費者金融の公式サイトで利用できる仮診断をおすすめします。その名の通り、年収や生年月日などを入力するだけで簡単に仮診断が受けられるというものです。結果が保証される訳ではありませんが、通過できないと判断された場合には実際の審査でも通過は不可能です。無駄な申込記録を作らないためにも、改善点の有無を自分なりに判断するためにも、積極的に利用してみてください。

 

記入ミスに注意!・まとめ

これからキャッシングを利用するにあたって少しは役に立てたでしょうか?できる対策は事前にしておいた方が良いでしょう。そして申込の際は記入ミスに注意してください。些細な誤字脱字でも虚偽と判断されてしまうこともあります。特に勤務先の情報にミスがあると在籍確認が取れなかったり、返済能力がないという判断にも繋がりかねません。誤字脱字や記入漏れのミスを防ぐにはネット申込が効果的です。いずれにしても細心の注意は払っておきましょう。

審査・即日キャッシングランキング BEST3

アコム

アコム



プロミス

プロミス

プロミス



アイフル

アイフル