金利だけを気にしがちですが他にもポイントが有ります

キャッシングを自分にあった条件で選ぶ

限度額カードローン低金利カードローン
即日融資可能カードローン無利息カードローン

金利も重要ですがそれ以外にも注意する

キャッシングは使い方次第で大変便利なものです。その商品の仕組みをよく理解して、まず本当にお金を借りる必要があるのか、借りる必要があるとしていくら借り入れるのか、返済期間はどれくらいで、総額はどれくらいになるのかといった計画をたてる必要があります。その際にもっとも目にとまり、注意すべきなのが借入金利です。

 

金利は重要ですがそれ以外にも注意するポイントはある

金利は、金融に関する知識が(まったく)ないという方には少し難しく見えるかもしれません。事実、キャッシングに限らず金融商品は現在、かなり多様化していて、商品の選択によって得をする場合もあれば、大きく損をしてしまうこともあるのです。では、キャッシングする際の金利のチェックポイントとは何でしょうか。それは、表向きの金利と実質的な金利の2つを考えるということです。
例えば、銀行系カードローンの金利はだいたい4.8%〜となっています。普通に考えればこの、金利がもっとも低い銀行系カードローンを選ぶのが正解のように思われます。

 

ただ、人によっては必ずしもそうではないのです。なぜなら、表向きの金利が10%近くあるキャッシングでも、中には半年以内に返済すれば無利子になるというキャッシング商品も存在するからです。つまり自分の返済計画がしっかりと立っていて、無利子の期間内、あるいは利子がついても実質的に安い期間内に返済ができるのならば、表向きの金利10%よりも安い金利(実質的な金利)でお金を借りることができるということです。

 

自分にとっては何が重要か考える

もちろん、早期の返済や一括返済は考えておらず、毎月一定の金額を返済し続けるという場合には、表向きの金利=実質的な金利がもっとも安い銀行系カードローンを利用すればいいわけです。先ほど半年間は無利子との例を出しましたが、キャッシング商品にもさまざまなものがあり、1ヶ月だったり1週間の期間内ならば無利子になるというものも存在します。要は自分に合ったキャッシングをしないと損をするということです。そこで、重要なのはどうやって自分に合ったキャッシングを選択するかです。

 

まず、借入金額を決めます。これは実際に必要な金額なわけですから変わることはありません。次に、返済期間です。これをいくつかのキャッシング商品に当てはめてみて、実際の返済総額がいくらになるかチェックします。普通、その中で一番小さかったものを選べばいいのですが、先ほど書いた通り返済期間によって実質的金利が変動しますから、返済期間を変えてみて、もう一度いくつかのキャッシング商品に当てはめて返済総額を算出します。こういったシミュレーションを繰り返して、返済総額が一番小さかったものを選べばよいのです。とはいえ、お金は借りないで済むならば、借りないというのが一番いいです。

審査・即日キャッシングランキング BEST3

アコム

アコム



プロミス

プロミス

プロミス



アイフル

アイフル